親が元気なうちから考えておきたい相続

あなたは相続について、どれくらい考えていますか。相続というと、多くの場合は遺産相続を指します。両親が他界して、あなたもしくはあなたの兄弟だけになった場合、必要になってくるのが遺産相続です。「うちには相続するような財産はないから大丈夫だよ」……そんな声をよく聞きますが、あなたは両親が今、いくら年金をもらっていて、いくら預貯金があるのか知っていますか? また、あなたの両親が田舎で暮らすあの家に、どれだけの不動産価値があるのか知っていますか? そのほか、山林や土地など、不動産を持っていませんか? 実際、ないと思っていた財産が、親の他界後にどっさりでてきて、相続税で困った、あるいは兄弟の間で血みどろの財産争いが起きた、という話はまったく珍しくないのです。

このサイトは、そういった「相続」で困らないための情報サイトです。相続はいざという時に困らないために、備えておくことが大事。財産分与だけならまだしも、相続税が絡んでくると、慌てて弁護士のもとに走らなくてはならなくなります。今は必要なくても、絶対に相続に関する知識が必要になってくる時が来ます。人間は誰しも、死を避けて通れないのですから。

親が元気なうちから考えておきたい相続

相続について考えよう

相続について考えよう。決して早くはありません。

相続でもめないために今からできること

相続でもめないために今からできることを考えましょう。

親が元気なうちから考えておきたい相続についてのサイトです。

相続について考えよう
相続を考えることはタブーじゃない
親が元気なうちに話し合っておこう
必ずしも法定相続分でなくていい!?
相続するかどうかは3ヶ月以内に決める
プラスもマイナスも相続「単純承認」
相続人全員でしかできない「限定承認」
最初から相続人でなくなる「相続放棄」
相続でもめないために今からできること
身内だからこその"争族"!?
普段の家族関係を大切にしておく
最もトラブルが多い 遺産分割協議
良好な関係のために専門家に相談する
もめないためにこそ遺言書を書いておく
遺言書を書くときは遺留分に注意
配偶者の連れ子は、相続人になれる!?
親が元気なうちから考えておきたい相続相続について考えよう相続でもめないために今からできることサイトマップ